相続放棄の申し立ては期限がある|焦らずに司法書士に相談!

男性弁護士

知識を付ける

男女

相続とは主に、亡くなった人の現金や土地などの財産を家族が引き継ぐことをいいます。また、相続をすると、財産だけでなく借金も自動的に受け取らなければならなくなります。そのため、自分がお金を借りていなくても、相続人として受け取った借金は返済をしなければなりません。借金を始め、現金や土地などの相続を受け取らないといったこともできます。このことを、相続放棄といわれています。相続放棄をすることで、借金を返済する手続きをする必要が無くなるのです。相続放棄をしてしまえば、銀行や税務署であっても亡くなった方の借金返済することは無いのです。ですが、相続放棄は自分で「放棄する」といっても通用されません。相続放棄をするという方は、専門知識が豊富な弁護士や司法書士の方に依頼をすると良いでしょう。相続放棄をする際は、家庭裁判所で申し立てを行ないますが、全て相続するか放棄するといった選択しか選べません。そういった際は、弁護士や司法書士に調査を依頼すると自分が希望している相続放棄の申し立てが通ります。

相続放棄を申し立てるには、期限が設けられています。専門知識が無いと期限は分かりませんよね。相続放棄をする際は3ヶ月とされており、過ぎてしまうと相続放棄を行なうことができません。期限が分からなくても、知っていたものと扱われてしまうため、申し立てをしたくてもできなくなってしまいます。期限を過ぎてしまうと借金などの負債は自分で背負う形になってしまいますが、期限を過ぎた場合でも相続放棄が通ることがあります。期限が過ぎてしまったという方は、専門の司法書士や弁護士に相談しましょう。

代理で任せる

計算

大阪には税理士事務所があります。どのような時に利用するかとなると、税に関する相談や申告などを代理で行なってくれるのです。そのため、面倒な書類は税理士に依頼することができます。

View Detail

遺言書を作る

弁護士

身内の間では相続をめぐってトラブルが多くあります。これを避けるために、生きている間に遺言書を作成することができます。事前に作ることで、身内で争うことがなくトラブルを避けられます。作成をする際は、業者に相談すると良いでしょう。

View Detail

時間を短縮できる

女の人

確定申告を依頼する際は、京都にある税理士事務所に行くと良いでしょう。申告を依頼することで、時間を短縮することができますし、事業をしている方も他の業務に集中することができるのです。

View Detail