相続放棄の申し立ては期限がある|焦らずに司法書士に相談!

男性

遺言書を作る

弁護士

遺言書を作成することで、大切な家族にメッセージを残すことができます。また、遺言書は自分が築いてきた財産を、指定をして相続人に分け与える文章を作成が可能です。近年は相続をめぐって親族内でトラブルが起きてしまうことが多くあるのです。親族内で争ってしまうと仲が悪くなってしまいます。また、深刻化してしまい事件を起こしてしまう可能性もあるのです。この親族内で争わないように、遺言書を作成しておけば自分が指定した相続人に分けることができます。ですが、遺言書で相続人を決めるのは難しいですし、どう書いて良いか分からないという方も多いのでは無いでしょうか。そういった方は、司法書士に相談しに行くと良いでしょう。そうすれば、遺言書で迷っているという方も相談することで、親族内で争いを起こすことは無いといえます。

遺言としてビデオカメラや録音テープで残す方も多いとえいます。録画をして相続人を決めても、ビデオカメラやテープは無効になってしまうケースが多いといえます。そのため、自分の字で遺言書を作成しなければいけません。また、遺言書を作成する際は司法書士に相談することで、証人としての立ち会いや、必要な書類を集めるなどの手続きを行なってくれます。この遺言書には2つ種類があり、公正書遺言、自筆証書遺言があります。その中でも自筆証書遺言は比較的にお手頃な費用で司法書士に相談することができます。ペンや自分の印鑑を持って入れば簡単に遺言書を作成することができるのです。